忍者ブログ

ゲームばかりしているエルアキ☆ブログ

エルアキ☆公式ブログ

HOME ≫ Category 「レトロゲーム」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

≪ 前のページ |PageTop| 次のページ ≫

今年の予定

今までの自分のプレイ日記を思い返してみると、「昔やったゲーム」ってのが多いなーと感づき始めた。まあ、もうちょっと言えば、「昔やって面白かったゲーム」ってのが多いかな。そんな感じなんですよね。
そういうカテゴリーで、何かやるゲームあるかなぁ?と思っていたら、あったんですよ。そういうゲーム。昔2をやって面白くて、2はクリアしたんだけど、1をやってないゲーム。1も2も同じシステムのはずだから1もすんなり遊べるはず。そんなゲームがあったことを思い出して、今年はそれをプレイしようかなーということで、ちょっと準備をしてみたり。
そして、そのゲームには既に攻略ページはあるんですが、結構簡素なものが多いので、ガッツりとした攻略ページも作れればいいなあーなんて思っています。
という予定を立ててみる。うん、このゲームはホントおすすめなんですよね。まあ、本が届いてからやってみて・・・プレイ日記作れるかなぁ~?

拍手[0回]

PR

ウルティマ2 アドベンチャーノベルス

少し前にちょっとした旅行に行きまして、そのときの移動等で読んでいたのがこの本



ウルティマ アドベンチャーノベルスの2です。そして昨日ようやくこの2をクリア。
2って1よりしにまくりますねw さらにファーストプレイでは詰まったし。難易度がちょっとアップしてる?1のときはこんなに死ぬことも無かったと思うけど。

これでようやく1~3までを読破。あとは4を読めばコンプリートですな。



拍手[0回]


ウルティマIアドベンチャーノベルスをクリアーしましたよ。

ウルティマIアドベンチャーノベルスをクリアーしました。最後はやはりといいますか、結構SF入ってましたw まあ、ウルティマIなのでしょうがない。そしてクリアーしたあと、HitさんのウルティマIプレイ日記を見てみると・・・ふむふむ。なるほど。ここがこういう風に表現されているのね、とか、ここがこうアレンジされているのか、とか、そんな楽しみ方が出来て楽しかったです。おおむね流れ的には合っているのが凄いですね。
セカンドプレイは盗賊でやってみよう、と思っていたのが、どういうわけか魔法使いに。どうしてこうなった!?(笑)ちょっと興味が出て読んでいるうちに魔法使いにw まあ、いいやなんでも。どうせ戦闘では細かい計算しないしww
通して読むと、大体2、3時間くらいあればクリアーできるのではないでしょうか?(戦闘ではさいころを振ったり、細かい計算はなしで。)

拍手[0回]


ウルティマI アドベンチャーノベルス

ついこの前神奈川に出張がありまして、その機会にウルティマIのアドベンチャーノベルスを読みました。
まだ読んでいる途中なんですが、やっぱりこのシリーズ面白いですね。
ウルティマIといえばSFだよなぁ、と思っていたのですが、今のところ99%中世ヨーロッパ風ファンタジーなので、(私の好きな世界感なので)非常に読みやすく、面白いです。



選ぶ職業によって途中進む道も違ったりするみたいですね。

そんな中、こんな謎解きもあったりして

「汝は闇に光る宝石
 汝は多くの顔を持つ
 汝は時の支配者の一人
 されど、汝は我にその背を見せることなし」
唱え終わると、老人は俺を見てニヤリと笑った。「<汝>とは誰のことか、おまえにわかるかな?」

謎が解けたら、それぞれの文字がアイウエオ順の何番目にあたるか数え、その数をすべて足した番号のシーンへ

つづきに答えあり



拍手[0回]


▼ つづきはこちら

OLDGAMERS HISTORY vol3 ロールプレイングゲーム創世記編

ようやくOLDGAMERS HISTORY vol3 ロールプレイングゲーム創世記編を読み終えました。いやー読み応え抜群でしたねー。
これは1979年から1991年までのロールプレイングゲームを紹介した本なんですが、ウィザードリィ、ウルティマ、さらにその前のAKALABETHから始まり、いまや国民的RPGドラクエ、FFな有名どころから、スーパーモンキー、頭脳戦艦ガルまで「それってRPGか?」的なゲームまで(頭脳戦艦ガルはメーカーが堂々とスクロールRPGと謳っていた)を網羅した本。RPGファンにはぜひ手にとって欲しい本である。

中身はほとんどカラーでプレイ画像と説明文で非常にわかりやすい。そして、この本の面白いところはメーカー側の話も盛り込んでいるところが面白いですね。(一般ユーザーは知らない話が語られているのがいいですね。)私がこの話で一番びっくりしたのは初代ファイナルファンタジーは、「これがダメなら終わり。ファミコン事業からの撤退、最後の賭け。そんな思いで作られたのが初代ファイナルファンタジーだった」ということ。初代FFがそれなりにヒットしたから、2、3と続いていったのだが、何らかの理由で初代FFの売り上げがこけていた場合、それ以降のFFはおろか、スクェアという会社自体も今現在まで存在していなかったかもしれない・・・というような話は面白いですね。

巻末6ページにはテーブルトークRPGとゲームブックに関する記事も。この記事によると、ドルアーガの塔のゲームブックは出来がいいらしい。

とまあ、こんな感じでRPG好きなら持ってていい一冊かも。面白かった。


拍手[0回]


雷電プロジェクト@PS1 が届いたよ。

オープニング画面をみてびっくり。
なにこのカクカクw
うん、プレステ1の画面て今みるとびっくりするよね。こんな荒い画面が一般的だったんだなって。PS3の画面に慣れすぎると逆にびっくりしてしまうという現象。

まあ、実際のゲーム画面は気になるほど画面がカクカクってわけではないので安心です。
久しぶりに雷電やったら、むずかしーw 自機のスピードの2倍ぐらいのスピードで弾が飛んでくる。

やべぇ。2面で既に難しい(;´Д`A ```
確実にシューティングゲーム下手になってるな。
これが年齢の壁か・・・

拍手[0回]


雷電プロジェクト PlayStation the Best

雷電プロジェクト PlayStation the Bestを注文しました。久しぶりにシューティングゲームをしたくなったんですよ。でも最近のシューティングゲームってファーストパーソン・シューティングゲームばかりで、私達(達?w)が思っているシューティングゲームって昔のゲームしかないんですよね。なので、雷電1、2がプレイできる雷電プロジェクトというのを買ってみることにしました。注文したものの、すぐにプレイできるわけではないので、ついついミスタードリラーグレートを買ってしまったわけですが(笑)

拍手[0回]


GAMEDIGGIN vol.39@ゲイングランド

GAMEDIGGIN vol.39はゲイングランドを特集!ということで、ダウンロードして見てみました。
ゲームアーカイブス(PS2)のゲイングランドを特集していました。私もこれはもっていたのですが、今手元にないということは・・・売ってしまったようです(笑)

ともあれ。元はアーケードのゲームで、メガドライブに移植され、PS2にも移植され、一部ではなかなかの人気をほこったゲームだったと思います。私はアーケード版はプレイしたことはないのですが、メガドライブ版で出会い、非常にお気に入りのゲームになりました。
が、しかし。このゲーム、クリアーした記憶が無い。たぶんメガドラ版もPS2版も自力クリアーしていない気がします。たしか記憶をたどると、PS2版はラスボスまで行ったけど倒せなかった・・・ような気がします。というのも、このゲーム結構難しいんです。さらに最後のステージは仲間を救出できなかったような・・・気がします。あいまいな情報ばかりですいませんw GAMEDIGGINでも死にまくりで、難易度をイージーに変更して、それでもぜんぜん進めないというへっぽこぶりを披露しているのですが(笑)まあ、それくらい難しいんですよね。要は慣れが必要なんですが、ある程度慣れてくると、敵の動きだったり、ここから敵が出てくるということがわかる覚えゲーだったり、そんないろんな要素が含まれているゲームです。そしてある程度難しいからこそ挑戦しがいがあるゲームだったりします。まあ、今からプレイするにはちょっと古いゲームかもしれませんが、ルール的には簡単なので、はまる人にはハマルゲームなのかもしれません。そんなわけで、私はゲイングランドが好きです。

拍手[0回]


忍者アドMAX

楽天

アマゾンさん



PS3

ブログ内検索

PS2 ▽

エルアキ☆プロフィール ▽

ゲームボーイ ▽

PS ▽

Wizardry-online ▽

カウンター

人目の訪問ありがとう!

エルアキ☆

ツイッター

PCゲーム

復刊ドットコム

最新コメント

[10/15 エルアキ☆]
[10/13 キリリ]
[07/14 エルアキ☆]
[07/14 名無しのリーク]
[07/09 めい]

≪ 前のページ |PageTop| 次のページ ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【エルアキ☆】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog
Admin§Write